信号変換器・デジタルパネルメーターから電力監視機器まで、計測制御の専門メーカー

渡辺電機工業株式会社

ENGLISH

お問い合わせフォーム

HOME > 会社情報 > 環境への取り組み

会社情報

環境マネジメントシステムを構築し、環境負荷低減に取り組んでいます。

環境マネジメントシステムの構築について

渡辺電機工業では、更なる環境配慮企業を目指して、2007年3月19日にISO14001の認証を取得いたしました。認証取得に向け、環境マネジメントシステムを構築し、2005年11月1日から社内での運用をスタートし、取得にいたりました。
(狛江工場、センサー営業グループは除く)

環境マネジメントシステムでは、『環境負荷の低減で地球環境の保護』に向け、事業活動と商品を通じて、継続的に環境負荷低減に取り組んでおります。

SGS
環境基本理念

弊社は、地球環境の保全が人類共通の重要課題の一つであるとの認識を持ち、
自然を守りながら発展を持続できる社会の実現に貢献して参ります。

環境方針
1. 計測制御機器メーカーとして、環境負荷の低減を継続的に目指します。
商品の研究、開発、生産、販売、サービス、廃棄というライフサイクルの各段階において、
資源の節約及びリサイクルを推進し、環境汚染の予防に努めます。
2. 技術の創造を通じて地球環境の保護に貢献します。
常に最先端の技術を開発することを志向し、環境調和型の製品の開発、販売に努めます。
3. 環境に関する法令や条例、その他規制を遵守します。
弊社は地域社会の一員であるとの認識を大切にし、ルールを守り環境型社会の実現に努めます。
4. 全従業員が環境方針を理解し、自らの責任を自覚の上行動します。
弊社従業員は本方針を理解し、日々の事業活動においてその実現に向け努めます。
2018年度の取り組み

『環境重点管理項目』を設け、全社で環境への取り組みを行っています。

2018年度環境重点管理項目

  • 1省エネ社会の実現と環境にやさしい製品の販売
     ・環境負荷低減製品の販売・営業生産性向上
  • 2資源/環境の保護・顧客の省エネに貢献
     ・地球環境の保護に貢献する開発
  • 3環境に強く高品質製造/工程内不良低減
  • 4全社のロスコスト低減
     ・開発・製造・販売それぞれのロスコストを把握し、
      削減策を推進
  • 5電力使用料の抑制
  • 6社員の環境への意識向上
     ・全社のCO₂排出量を算出し、実績を社内に公表(毎月)
Fun to Share

RoHS指令への取り組みについて

2006年7月に施行された「RoHS指令」とは、電気・電子機器において特定有害化学物質(①鉛、②水銀、③カドミウム、④六価クロム、⑤ポリ臭化ビフェニール、⑥ポリ臭化ジフェニルエーテル)の使用を制限する欧州連合(EU)域内での指令のことをいいます。人体や環境に有害な化学物質による自然環境汚染の予防のために製造段階で使用を制限します。

渡辺電機工業では、環境保全活動の一環として、RoHS指令で制限される特定有害化学物質(6物質)が規定値未満の製品の製造に取り組んでおります。

改正RoHS(RoHS2)指令

2013年1月3日より、改正RoHS指令(通称RoHS2)に置き換わりました。
これを受け、特定有害科学物質(6物質)不使用製品には、新マーク(右参照)を表示する予定でおります。