LTE通信IoT端末で遠隔監視を最適に!

LTE-M対応 電力パルス計測ユニット WLMシリーズ

電池駆動! LTE-Mネットワーク通信で
電力量データをクラウドへ送信!

点在する拠点や設備のエネルギー監視など、
遠隔監視システムの構築に最適。
LTE-M通信でクラウドにデータ送信可能な
電池駆動のIoT端末です。

主な特長

  • 電池
    駆動
  • クラウド
    接続
  • デマンド
    監視機能
  • 遠隔機器
    管理

■ 電池駆動で5年間メンテナンスフリー

  • ・外付け電池により5年間メンテナンスせずに作動
  • ・電源配線が困難な場所など、配線工数を大幅に短縮
  • ・ACアダプタとの併用も可能
  • ※ 送信条件による

 

■ 新規格LTE-M通信採用

  • ・通信費用が安価、通信キャリア提供で信頼性が高いLTE-Mを採用
  • ・通信エリアが広く、フィールドに点在する機器の遠隔監視に最適
  • ・FOTA(ファームウェア無線配信)による遠隔からのファームウェアアップデートに対応
 

■ デマンド監視内蔵

  • ・デマンド監視機能、警報通知機能内蔵により、リアルタイム性の高いデマンド監視を実現
  • ・デマンド異常時に警報通知とデマンドの推移や予測値が送信でき、詳細状況の把握が可能
電池駆動のため電源配線不要!

システム構成例

  • 1. 計測対象にパルスピックセンサを設置し、使用電力量を計測
  • 2. 1日1回のペースで、1分間隔のサンプリングデータをLTE-Mで直接クラウドへ送信
    (計測サンプリング、データ送信間隔は変更可能)
  • 3. 目標デマンドの超過予測時は、リアルタイムでクラウドに通知
    *電池残量などの情報を送信し、クラウド側で電池交換時期の確認も可能
LTE-M対応 電力パルス計測ユニットのシステム構成例

設定ツール

本体の計測設定・通信設定やログ管理など、設置時やメンテ時に活用できます。

USB接続/電源供給

ラインアップ予定

電力パルス計測ユニット CT計測ユニット アナログデジタル計測ユニット
入力信号 電力パルス50,000p/kWh
(付属パルスピックセンサより入力)
CT電流計測×4
※最大4回路の電力量(仮想)
直流電流/電圧×4
デジタル/パルス兼用×4
データ蓄積 1/5/10/30/60分より選択
データ送信 5/10/30/60/120/240/480/720/1440分より選択
警報メール デマンド警報 電流閾値超過警報 閾値超過警報
積算閾値超過警報
状態変化警報
電源 リチウム1次電池(送信条件による)
またはACアダプタ

外形寸法

LTE-M対応 電力パルス計測ユニットの外形寸法

※本製品は開発中の製品につき、記載された仕様・内容について、その後予告なしに変更されることがあります。予めご了承ください。

より詳しくは動画にて
カタログ・資料のご請求はこちら
仕様書のダウンロードはこちら

お問い合わせ

03-3400-6141:受付時間 平日 8 : 20~17 : 20
問い合わせフォーム